11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

11シェル物語 ミントの巻 運命編 

ミントは未熟児で産まれたらしい。
110g・・・リンとあまり変わらない。
100gの仔を育てるのが、どれだけ大変か小太郎は知っています。
sindyさん、きっと・・・付きっきりで育てたと思う。
「思い入れが違うよな~っ」!

ミントの輸送の話を何回かしていると、札幌に送った話をしてたので
「ミントの兄弟?」と思い、ショー会場に行ってれば、いつかは逢えると思ってた。
我が家にミントが来てから、6カ月位過ぎてから、1通のメール・・・。

以前からの知り合いのsecaさんからでした。
すっかりご無沙汰していて、2年くらいのご無沙汰!
内容は・・・胴胎ちゃんが、うちに居るとの知らせ。

えっ???・・・まさか・・・でも・・・何でうちにミントが来た事知ってるんだろう???
とにかく・・・ビックリ !!!!

たまたま、岩見沢で愛犬ショーがあったので、「もし・・・逢えるならこの時」と思い
お知らせをしたら、来てくれるばかりか参加までしてくれました。

すでにsecaさんのプログで紹介されてますが、ミントと一生君の再会。
987.jpg
secaさん・・・写真・・・勝手に使ってます。
ご対面した時、あまりのソックリに大笑い・・・。
出てくる言葉は「本当に似てるよね」・・・♪

この事をキッカケに、またまた、しばらくご無沙汰してた、ダグっちさんともお話出来るようになりました。
しかも・・・ダグっちさん・・・去年小太郎が繁殖して札幌に行った仔のオーナーさんを見つけ、
写真を撮って送ってくれました。
嬉しかった・・・あの頃産まれた子はショップに卸していたため、行先は知らずじまい・・・。

そして9ヵ月お姉ちゃんのべびーちゃん、胴胎姉のLOVEちゃん
ミントが来てくれたおかげで、沢山の親戚???お友達とお話をするようになりました。
CIMG0367.jpg
ミント・・・うちに来てくれて、ありがとう☆

でもでも・・・コート不足を補うためミントは寒いお外で修行・・・。
CIMG0429.jpg
あっ・・・決してイジメじゃないです。
風が強くて固まってるミント・・・。
CIMG0430.jpg
「中に入りなさい」と言葉をかけてるココ。
CIMG0435.jpg
「あんたも強情ね」とあきれ顔・・・。
さすがに、可愛そうで家に入れました。
CIMG0424.jpg
もし・・・ミントが子供を産んだら・・・どうしょう・・・また増える~っ♪

category: シェルティ

Posted on 2008/12/31 Wed. 15:49  edit  |  tb: 0   cm: 6  

11シェル物語 ミントの巻 

いよいよ、ミントの出番です。
待っていた人達、多いはずだよね~っ!

JADE MIST BEYOND TRADITION
小太郎が大好きなシェル・・・
レイの血統書を見て、リンの血液に合うと思いエディ・マーフィーが産まれた。

去年の末頃からTRADITIONの直子か孫を探してました。
やっと見つけたのが、sindyさんちのシェイクスピア君。
出産情報を見ると孫が産まれてた。

しかし・・・全部オーナーさんが決まってて、ガク~ン残念・・・!!!
あちこち探して再びsindyさんのHPに行ってみると、オーナー再募集の事。
チャンス・・・すぐにメール・・・事情を聞いて運命を感じた。
さらに写真を見て「絶対この子」と思ってしまった。
CIMG0316.jpg
sindyさんに「次回の出産まで、待てないですか」と言われても、「絶対この子がいい」と大人げなくダダッコ状態。
DVC00086.jpg
四国から紋別まで羽田経由で1人旅・・・。
空港で引き取った時は、ブルブル震えてたけどバリケンから出して顔を近づけると、ペロペロ挨拶してくれた。

人見知りもしなく、思ってた以上の子でした。
CIMG0323.jpg
家に着いてすぐにトイレをさせようと、サークルに入れるといつの間にか外に出ている。
「あれ?変だな」サークルのドアも閉まってるし、もう1度入れて見ていたら、なんと・・・よじ登って出てくる。
こんな子見たことない。 お転婆全開・・・ソファーに飛び乗る、飛び降りる・・・。
エディ・マーフィーの悪魔コンビも付いて行くのが精いっぱい・・・。
CIMG0324.jpg
おまけに、3日後には階段を上り下りするようになった。
この子・・・スゴイ・・・ショーにはいい性格かも・・・!

そして・・・あるメールでミントに運命を感じさせる出来事が・・・!

ではでは・・・また次回・・・♪

category: シェルティ

Posted on 2008/12/27 Sat. 16:00  edit  |  tb: 0   cm: 8  

11シェル物語 エディ・マーフィーの巻 手のかかる子ほどめんこい編 

小太郎お気に入りのベストショット???
CIMG0271.jpg
何をしても、可愛くて許してしまう。
これじゃダメだよな~っ!

仕事から帰ってくると、ガビ~ン  何これ???
DVC00068.jpg
DVC00069.jpg
壁紙だけでなく、石膏ボードまで穴が・・・。
「誰だ~っ」と全員見ると、「知らな~い」と言わんばかりのトボケ顔・・・!
よ~く顔(鼻の頭)を見ると、エディ・マーフィーの鼻が真っ白・・・。

やっぱりお前達か!
居間の壁だから、お客さんとか目に付く場所。
小太郎・・・日曜大工で修理始まる。
DVC00142_convert_20081226124959.jpg
DVC00143_convert_20081226125200_convert_20081226125823.jpg
これで少しはオシャレになった。 満足・・・!

さて・・・エディ君のショーデビュー・・・Aさんのお父さんが亡くなって、しばらく出れないのでAさんの奥さんがハンドラー。 私達も仕事でデビュー戦を見る事が出来なかった。
話によると・・EXGに入ったけど、ジャッジが外人さんで勘違いをしたらしい!
たぶん・・・3本指(リザーブ以上)だったかも???

そして、北見でのクラブ展。
近くなので、アルバイトで仕事に来てるお姉さん達???が応援に来てくれたから、いいところ見せなきゃね!
この時マーフィーもベビーで初参戦・・・。
ビビリ屋のマーフィーは、オシッコチビルし、ウ○コたれるし、メチャクチャ・・・。

当然・・・エディ君がEXG選へ・・・。
遅れてAさんが会場に到着して、ハンドラー交代。
Aさんとエディの呼吸がピッタリ。
さっきまでのエディと違う。

リザーブ以上の3頭の中に入ってしまった。
いいぞ・・・いいぞ・・・キングになってしまえ・・・
そして、ジャッジが指をさした・・・エエ~ッ・・・エディ・・・すご~い。

一同大騒ぎ・・・さすがリン、レイの子。
すぐBIS戦・・・キングとクイーンの一騎打ち。

エディ・・・がんばれ~っ・・・そうそう、良い動きだ、ステイ・・・綺麗だ・・・
妻とひょっとしたらイケる・・・と話してたら・・・
CIMG0292.jpg
ベビーBIS・・・初めてだ・・・目頭が熱くなって涙が出そうになった時、後ろから大きな声で泣き声がする。
えっ???と振り返ると、応援に来ていたアルバイトの人達が、涙・鼻水出しまくり・・・。
こっちの涙は・・・引っ込んじゃった・・・。
「凄かった~っ」、「初めて見た~っ」と感激しまくり。

それから1展覧会飛ばして、今度は小樽・・・。
2回もBISもらえるわけないと思っていた私達は、結構余裕で観戦。

ところが・・・エディ君またまたBIS・・・
08_11_0.jpeg
アワワワ・・・エディ君凄いネ!
DVC00057.jpg
弟・・・マーフィーは、こんな感じ・・・。
今でもオシッコチビリですの。

CIMG0311.jpg
ショーチャレンジしてる人なら憧れのカップ、ロゼット、たとえベビー、パピーでも我が家の家宝です。
CIMG037711.jpg
とても脳天気で、いたずらっ子のエディ。

DVC00109.jpg
ビビり屋で甘えっ子のマーフィー。

リンは凄い子を産んだね。
来年・・・出産したら、またまた大騒ぎになるのかな~っ?

category: シェルティ

Posted on 2008/12/26 Fri. 13:56  edit  |  tb: 0   cm: 8  

11シェル物語 エディ・マーフィーの巻 

2007年2月24日生まれ。
父レイ・母リン
エディ170g、マーフィー180g、けっこう小さく産まれた。
DVC00022.jpg
本当はこの2人・・・名前がトキとシンでした。
そして虹の橋に行った女の子がユリア・・・。
ここまで来たら、アニメ「北斗の拳」 なんたって、父母がレイ、リンだからね!

しかし・・・いざ呼ぶ時、名前が頭に浮かばない。
どっちがトキでどっちがシン???
仕方がないので、覚えやすいエディ、マーフィーにしました。
CIMG0248.jpg
いままで産まれた子達とは全然違う顔。
この子達が生まれる前から、小太郎は全部残すつもりでした。
「ショーに行ける」と確信を持っていたからです。
CIMG0274.jpg
CIMG0268.jpg
チョロチョロ、パタパタ遊んでるこの時期が、可愛くて~っ♪CIMG0266.jpg
自分より大きいオモチャを引きずるエディ・マーフィー。
CIMG0264.jpg
ショーには交互に出陳するけど、「どっちから修業に出す?」
まずは、エディから・・・2ヵ月で修行に行きます。
CIMG0267.jpg
「コタロウおじちゃん・・・ボク行って来るからね」とエディ君。

そして2007年7月北海道インター前日のクラブ展、ベビーでデビュー。
このエディ・マーフィーが凄い事に・・・。

また後日。

category: シェルティ

Posted on 2008/12/24 Wed. 20:28  edit  |  tb: 0   cm: 6  

でかした♪ 

リンにヒートがきた。
なんか・・・良い感じのヒートだ。
交配する事を決断しました。
DVC00140_convert_20081223121404.jpg
でも・・・小さいから帝王切開だろうな?
リンの交配は、これが最後で終わりにしようと思っている。
何とか、女の子を産んでちょ~だい。

1月1日交配予定。
3月初め出産予定になる。

お父さんは、レイの予定。
また・・・エディ・マーフィー似の子達かな?
ワクワク・ワクワク・楽しみだ~っ!

category: シェルティ

Posted on 2008/12/23 Tue. 12:24  edit  |  tb: 0   cm: 2  

タフ ! 

我ながら、まだまだ元気だな~って思う。
昨日、息子の部屋探しで江別まで行って来た。

そして今日午前中は、父母の所で用事を済ませ、昼からワンズの洗濯?・・・。
毎日朝5時前後に、シェルズの運動会で起こされるのが日課・・・。

DVC00137.jpg
まずはトム君・・・今年の9月末に毛を抜いて、やっと今アンダーが出てきた。
連合展に行った時は、最悪スカスカ状態だったから、もう少しで満開になるかな?DVC00136.jpg
う~んもう少し毛が欲しい・・・。

実はこのトリミング部屋・・・倉庫の2階です。
11シェルだから、いちいちお願いしてたら破産しちゃうもんね。
Aさんと離れたついでに、道具を揃えて自分でする事にしました。

DVC00118.jpg
それで、これが問題児エディ君・・・。
シェルは我慢強いのか、爪切り、ブロワーなど・・・ジッとして動かないよナ~ッ!
エライ・エライ・
エッ? エディの何が問題児なの?って?
へっへっへぇ~っ・・・・エディの巻までのお楽しみ・・・♪DVC00135.jpg

最後にミントの寝姿で癒されて・・・!
最近、疲れてるそうです。・・・寝てばっかり・・・。DVC00132_convert_20081221181242.jpg

category: シェルティ

Posted on 2008/12/21 Sun. 18:01  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 ムム(ムッチ)の巻 

ムムことムッチ・・・ガイ君とチッチの3期生。
ココとルゥの1歳半年下の妹です。
gaicotanjoh.jpg
350g(デカッ)で産まれ、最初から家に残る事が決まってました。
Aさんが「お産用に残すためには、大きい子がいい」と言うので・・・。
(だから~っ・・・うちは商売じゃないって)

P1000018.jpg
他の兄弟も巣立ってしまい、寂しくひとり遊び・・・。
DSC00196.jpg
でもでも・・・すぐにレイが仲間入りしてお友達が出来た。
月数も近いせいか、すぐに仲良しになって本当の兄妹みたいです。

ところが、耳の矯正していたら皮膚が爛れてきた。
コタロウも一応矯正してたのだが、やっぱり爛れてきて止めたのでした。
帯広の草森先生に診てもらい、「肝臓からくる血液のせいだ」との事。
しばらくすると、無性に痒がり皮膚を傷つけ、血だらけになっていた。

先生が「餌は・・・カロリーの低いものにしないとダメ」と言うので、生後4ヶ月でライトのフード・・・。
一番栄養が必要な時期に、ライトとは・・・それでもやはり痒がる。
DSC00222.jpg
可哀想に・・・言葉で言っても我慢など出来ない・・・「よし・・・俺が助けてやる」と小太郎はいろいろ調べ 薬・ミネラル・シャンプー・・・そして、ある商品に出会いました。

俗に言う「カイカイ」・・・シェルに多いらしい。
でも・・・他の犬種もけっこう痒がってるみたい。

小太郎流治療法が始まって、約1ヵ月で痒がらなくなった!
P1000056.jpg
よかったね~っムッチ・コタロウ・・・
苦しかったよね?
傷ついてしまって抜けた毛は生えて来ないけど、痒くないだけで十分!(バンザ~イ)

category: シェルティ

Posted on 2008/12/19 Fri. 20:46  edit  |  tb: 0   cm: 9  

つかれた~っ! 

本業も切り上がって暇になったけど、まだまだやる事あるし~っ。
今日は、我が家のワンズを洗濯?しました。

3シェル洗ったけど、もう・・・何もする気なし。

11シェル物語はちょっとお休みします。
DVC00127_convert_20081217183232.jpg
ミント・・・まだ、アンダーが少ないから1時間くらいで、すべて終了。
DVC00130_convert_20081217183841.jpg
ミントは嫌がらず、ジ~ッとしててくれます。
ブロワーの強風にもめげず、ひたすら我慢・我慢。
イイ子・イイ子・・・終わったらオヤツあげるからね!

他にマーフィー・コタロウを洗いました。
コタロウ・・・毛が抜けて、も~ぅ大変。

コタロウを洗った小太郎は、コタロウの抜けた毛で小太郎毛だらけ・・・?????

category: シェルティ

Posted on 2008/12/17 Wed. 18:53  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 レイの巻 

次はレイの登場。
DREAM PLAY REI OF HAPPINESS

Aさんのところには、ガイ君(トップストーリー直子)しか居ない為
「繁殖するには他の血が必要」と言われ、愛犬の友を見ていたらHAPPINESS犬舎の
パンプキンに目が止まった。
問い合わせをしてみると、「カラー出しが悪いから・・・マックスの子だったら今居る」との返事。
写真を見ずに、早速予約をした。
DSC00191.jpg
2ヵ月になって、飛行機で1人旅のレイ・・・。
到着したレイを見て一同、「サスガ~ッ有名犬舎は違う」。

しかしベビー・パピーの頃はキツネ期全開・・・とても出せない。
おまけに、9ヵ月頃39㎝まで大きくなって、ほぼ諦めムード。
でもでも、それで成長ストップ。

翌年ヤングアダルトでショーデビュー。
デビューの時は雰囲気にのまれて、ビビリまくり。しかたないよね!
少しずつショーにも慣れてインター前日のクラブ展(小太郎は仕事で行けず)
CIMG0176.jpg
朝の8時半にAさんの奥さんから電話が来た。
「レイがオーバースペシャルやった」と・・・「MCC貰ったよ」
まさか・・・普通9時審査開始なのに、この時間で・・・。
「嘘つくな~っ、何時だと思ってるのよ」と言い返すと、早く始まったらしい。CIMG0181.jpg
後で出陳ブックを見ると、チャンピオンクラスを入れて3頭・・・
しかも・・・そのチャンピオン・・・2006年度ペディグリーアワードの受賞犬

アワワワワ・・・凄い事やっちゃったね♪
それから、レイの快進撃が始まった。
ヤングアダルトでCH完成・・・年内完成と力が入る。

たぶんJCCの人達と思うけど、見に来る人数も増えてきた。
「是非JCCでレイを出して」とも言われ、小太郎は出るつもりだったけど、Aさんがその気にならない。
確か影山さんは「JKCで完成したらJCCでも走って」と言っていた。
私は「約束だから出なくていいの?」と言うと「いいんだ!」しか返ってこない。(またまたAさんに不信感)
ハンドリングもトリミングも素人の私達は言われるまま・・・。
P1000087.jpg
そして函館で北海道最後のクラブ展・・・。
ウイナーでCH完成しました。

アッという間の出来事だった。
これから、レイの血筋を大事にしなきゃ・・・
いずれ、Aさんとは別になると思っていた小太郎は、独自で勉強した。
交配・トリミング・・・色々・・・
きっと「へたくそ」だけど、楽しく・仲間を大事にしていこうと思います。

レイ・・・今度は小太郎と楽しくショーに出ようね♪

category: シェルティ

Posted on 2008/12/14 Sun. 12:37  edit  |  tb: 0   cm: 2  

11シェル物語 リンの巻 GO!GO!リン 

ベビークィーンを貰って興奮覚め止まない小太郎一家・・・。
続いて連合展・・・リンは、パピーになったばかり。
勢いでイケ~ッ!とハッパをかけ送り出す。(このショーは仕事で応援に行けなかった)
dogshow.jpg
今度はリザーブクィーン・・・ヒェ~ッ・・・。

この後からシェルティの出陳が増え始めてきた。
「シェルはベビー・パピーじゃ勝てない。だから成犬まで誰も出さない」
「リンの活躍が広まり、出陳するようになったんだ」とAさん・・・。

fci2005lin_convert_20081211185828.jpg
確かに北海道インターの時、パドックで待機してたらスーツを着た紳士っぽい人が寄ってきて、リンをジ~ッと見つめて「この子いいな~っ。輝いてるよ」と親指を立てて去って行った人がいた。
後で分かったけどJKC本部の人だったらしい。

リン・・・成犬になったら、凄い事がおこる予感・・・。
北海道に、このシェルティあり・・・ってか!

ところが残念な事に、これから成長しなくなってしまった。
ルゥの子だから小さいとは分かっていたが、何とも33㎝ギリギリとどかず。

待っても、待っても大きくならない・・・反対に小さくなっていった。
現在30㎝「天は、二物を与えず」ガク~ッ!

CIMG0072_convert_20081211191300.jpg

今はショーチャレンジも諦めて、小太郎に甘え三昧です。
DVC00017.jpg
コタロウとリン大きさが全然違うでしょ?

そして・・・リンはレイの子を産みました。
やはり予想通り帝王切開でした。
男2・女1だったけど、手術に時間がかかり過ぎ、最初の女の子は圧迫死で虹の橋へ・・・。
でも・・・リンは頑張ったもんね!・・・とても優しいお母さんです。CIMG0238_convert_20081211192803.jpg
リン・・・お願いだから、もう一回女の子を産んでね!
でも・・・なかなか・・・良い発情が来ないんだよな~っ。
DVC00087_convert_20081211193555.jpg
現在体高30㎝体重6kg、ちょっと太めの女の子・・・。
DVC00021_convert_20081211193956.jpg

リンの産んだ男の子「エディとマーフィー」が、大事件を・・・・!
また・・・・次回。

category: シェルティ

Posted on 2008/12/11 Thu. 19:46  edit  |  tb: 0   cm: 6  

11シェル物語 リンの巻 

次はルゥの娘リンの登場です。
ルゥの紹介の時にも書きましたが、帝王切開で産まれました。DSC00123_convert_20081209183237.jpg
100g・・・小さかった。
産まれてすぐ呼吸をしなくて、鼻に口をあてて羊水を吸い一生懸命マッサージをしても動かない。
「だめかな?」と思っていたら、やっと動き出した。

あまりにも小さいので、ルゥのオッパイを吸うことも出来ませんでした。
仕方なく哺乳にしたけど、吸う力が無くだんだん体重が減っていく。
獣医先生が「最悪スポイトで飲ませな!・・・しかし気管に入ったら死ぬからね」と言われていた。

このままミルクを飲まないで死ぬより、一か八かでスポイトで妻が飲ませた。
2日くらいスポイトで飲ませ、哺乳瓶を口に入れるとチューゥ・チューゥと飲みだした。
「やった~っ。これで大丈夫」

ところが・・・ずぅ~っと哺乳だったので、便秘になり「ミュ~ゥミュ~ゥ」毎日泣いていた。
哺乳の係りは小太郎・・・。そして便秘の処理係も小太郎・・・。
やがて小太郎以外の人の哺乳では飲まなくなり、妻が哺乳しても飲まなくなった。
DSC00120_convert_20081209185434.jpg
毎日・毎日・・・哺乳の毎日。
lin_convert_20081209185845.jpg
やっと離乳食になり、リンから解放された小太郎。
「この子はショーに行ける」と、私もAさんも思ってました。

3か月になったら修行です。
P1000012_convert_20081209190410.jpg
小さくて、毛がモコモコのリン・・・可愛いでしょ~っ?(親バカ)
姉妹の優月が死んじゃったから、その分リンに期待がかかる。

そしてパピー直前にショーが開催されベビーで初登場しました。1117356290_convert_20081209191045.jpg
この写真は゛あーちゃん゛が撮って送ってくれました。
ありがとうございました。

この時secaさんちも永遠君とショーに出てたんだよね!

そして・・・何と・・・リンが・・・ベビークィーンに輝きましたbabbyqueenlin_convert_20081209191652.jpg

初めて戴いたカップ・・・小太郎・・・興奮しまくり。

リンよ・・・我が家の犬舎号のようにLEGEND(伝説)を作ってちょ~だい☆

category: シェルティ

Posted on 2008/12/09 Tue. 19:35  edit  |  tb: 0   cm: 10  

11シェル物語 ココの巻 CH完成 

普通シェルは3歳くらいでコートが揃う・・・と言う。
ココの場合、なかなか増えなかった。
遺伝なのか?管理が悪いのか?

おまけに練習の時は、張り切って走るのに本番ではダメ状態。
「もう少し動きがよかったらな・・・!」と・・・Aさん。
私には分かってた。「ココはAさんが嫌いなんだ」
冬の間家で管理する、と言い連れて来た。

でも・・・甘えさせてはダメと言われ犬舎へ・・・そこにはレイが居る。
DVC00015_convert_20081207133633.jpg
雪の降る日も犬舎に入らず、「早く家に入れてよ~っ」「甘えたいよ~っ」と言ってるように座ってる。
「ゴメンネ・・・ココ、甘えれないんだよ」、心を鬼にして知らないフリ。

2007年の春・・・Aさんの親が亡くなり、「今年はショーに出れなくなった。」と言われ、ココのチャンピオン完成が絶望的・・・。
仕方なく小太郎がハンドラーとしてデビュー。
ココ・・・嬉しいのか尻尾フリフリ・・・「いいぞ・・・ココ、もう少しガンバレ」
そしてココ・小太郎組の初めてのBOB。
後1枚でCH完成だ~っ!
dsc12_convert_20081207135157.jpg
そして2007年のショーシーズンも終わり、来年に期待してた時、突然Aさんが「後は自分でやりな」と言ってきた。
何で??? 途中で???来年は私の仕事の都合上、ショーには行けない事を知ってるはず。
何回か、お願いしても知らん顔・・・。 まぁいっか~っ! それから、Aさんとは絶縁状態。
「ショーを辞めればいいんだ」と思っていたけど、「ココは今まで何の為に走ってきたの」?

私達の為?自分の為?・・・今まで頑張って来た事が、すべて無駄になる。
それで、あるお友達に相談・・・「あの人だったら引いてくれるよ」と言われ、早速電話をしてみた。

私が以前所属していたクラブの副代表で、プリティーワンのマスターです。
以前から知っていたので、快く引き受けてくれました。
仕事でココを連れて行けないので、お友達にお願いしていたら、突然休みになったので自分で連れて行く・・・ココ・・・最後だから頑張るんだよ・・・。
CIMG0348_convert_20081207141034.jpg
私は仕事ですぐに帰らなきゃならないけど、10時くらいまでは大丈夫と思いブリード戦だけを陰から見ていた。 当日は雨で会場は水浸し・・・ココだけ水を嫌がらないで走ってる。

今まで頑張ってきた姿・雨も雪も降ってる中で、「家に入れて~っ」と外に居た姿。
自然と涙が出てきた。

「ココ・・・頑張ったね・もういいからね・皆に助けられてチャンピオンになったんだよ」chcoco12_edited-2_convert_20081207142037.jpg
自家繁殖で初めてのチャンピオン
今は、家の中より外が好きだって・・・。
ちょこっと寂しい小太郎です。


category: シェルティ

Posted on 2008/12/07 Sun. 14:27  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 ココの巻 チャンピオンへの道 

いよいよココのデビューの日が来ました。
この頃JKCでは、シェルティの出陳が少なくアダルトクラスで1,2頭。
ベビー・パピークラスでは誰もいない状態だった。
cocoluu.jpg
北海道のドッグショーは早くて5月末から・・・
ココはパピーからのエントリーでした。
一緒に写っているのは、Aさんちに行ったばかりのルゥです。

ブリードではココがBOB・・・まっ・・・どっちが上がっても身内ですから・・・!
進行内容がよく分からない私達・・・どうなってるのか全然チンプンカンプン???
連合展だから次はグループ戦だって・・・???
「なんかコーギーが出て来たぞ」 話に聞くとハンドラーは北海道の師範ハンドラーらしい。
「無理なのかな~っ」? 「最初だからいいっか~っ」と思っていたら、Aさんがガッツポーズ・・・
どうやらココが上がったらしい。
cocogp1.jpg
グループ1席だって。 なんか皆喜んでる???
へぇ~っ??? よく分からないけど素直に喜んだ。

そして北海道インター・・・ものすごい数の人・犬。
その中に自家繁殖のココがいる。 ガンバレ~ッ!
cocofci_edited-1.jpg
今度はグループ2席。
この大舞台で2席はすごいと思う。

Aさんが言った。
「大金を出してショータイプの犬を入れ、チャンピオンなるのは当たり前。自家繁殖で自分で完成するのが面白いのさ。」と・・・うん~っそうだよな~っ!

そして、成犬になり翌年アダルトでのショーチャレンジ。
相変わらずシェルティの頭数が少なく、ブリードでココをいれて2頭。
EXGに入らなければカードが出ない。
DSC00218.jpg
でもでも、ココ頑張ったよ~っ! 見事EXGに入りました。

それからのドッグショーでは、3頭がなかなか集まらず、たま~に3頭以上だとチャンピオンクラスが出てくる状態。ココ・・・苦戦・・・。
チャンピオンになるためにメジャーカードが必要だった。
「いよいよダメだったらプロに預けるしかない」とAさんが言う。
何とか自力で取りたいものだ。
そして2006年北海道インター。
フェンスの外で写真を撮りながら応援する小太郎。CIMG0194.jpg
「ガバレ~ッ」でも・・・ココの動きがいまいちで、頭が完全に下がってイヤイヤ走っているのが分かる。
「ダメだなっ」と・・・諦めてたらジャッジがココを指差した。
え・・・なに・・・まさか・・・鳥肌が立った。
Aさんの奥さんのところえ「ココが~っ・ココが~っ」と走って行くと、「まだ・・・ジュニアから上がってきたのとやってから」と言われてしまった。
昔シェルティをやってた、おじさん・・・???「大丈夫だ~っ、いける」と言葉をかけてくれた。
その通りにココが勝ち上がり、次はチャンピオン犬に混ざっての審査。
「ココ~っ・・・もういいよ・・・帰っておいで」「メジャーカード取れただけで十分だよ」。

BOBは取れなかったけど、待ちに待ったMCC・・・自慢げに持って歩いていたら、妻が来た。
取れるわけない、と思っていた妻は見ていなかったのだ。
「バ~カ・ココのだよ~ん」
感動の光景を妻は見る事が出来なかった。
2人でスキップしながら車に帰りました。

は~っ疲れた・・・指も動かなくなった。
ココの話は長引きそうです。

また・・・後日・・・♪


category: シェルティ

Posted on 2008/12/06 Sat. 17:59  edit  |  tb: 0   cm: 5  

11シェル物語 ココの巻 

前日紹介したルゥの胴胎ちゃん・・・ココの出番です。
3coco_convert_20081205131851.jpg
チッチが初めてのお産で最後に生まれた子・・・。
なぜか・・・チッチはココだけ面倒を看ませんでした。
他の子にオッパイ飲ませても、ココにだけは威嚇して近寄らせません。

「どうしたんだろう?」まるで「あんたは、ショーに出るのだから甘えてちゃダメ」と言ってるみたい。
確かに産まれてすぐ、「この子いいな~っ。ショーに行ける!」とAさんが言ってた。
素人には分からないけど、産まれてすぐ顔を見て判断するらしい。
「ココで、ショー走りな!」とAさんに言われて、うちに残ることになった。DSC00086_convert_20081205133027.jpg
確かに成長していくと、他の子たちと顔が違う。
「すごいな~っ・何年もやってるとわかるんだ~っ」
そしてAさん・・・「うちはシェルティ辞めるから、後は任せた」と言ってた。
それで我が家のショーチャレンジが始まりました。
「ショーマナーは早くから入れないとダメと」、3カ月の時からAさんのところへ修行に行った。

DSC00095_convert_20081205134201.jpg
もっと甘えたい時期に離れてしまう・・・
でも・・・素人の私達には何も出来ないから、仕方がないね!
毎日・毎日ココに会いに行ったけど、帰る時置いて来るのが可哀想だった。
「JKCは動きが重要」とAさん
毎日走らされてた・・・ある日ココの足から血が出てた。
見ると、肉球が割れて出血・・・・「こんなになるまで、走らなきゃならないのか?」
「ココは絶対チャンピオンになれる」と言われて、その気になった私達。

DSC00094_convert_20081205135800.jpg
土・日だけ里帰りを許されたココ。
安心するのか、すぐにヘソ天スタイル。

次回はココのショーデビューの予定です。

category: シェルティ

Posted on 2008/12/05 Fri. 14:04  edit  |  tb: 0   cm: 6  

11シェル物語 ルゥの巻 

さて・・・チッチが無事生還したところで、次はルゥの紹介です。

ルゥはチッチの最初の子で次女で、あの有名なトップストーリーの孫です。
2luu_convert_20081204175543.jpg
生まれた時は200g・・・普通だ。
ルゥは生後2ヵ月で、子返しというかたちでAさんのところに行きました。
私達は毎日のようにルゥに会いに行ってました。

DSC00062_convert_20081204180412.jpg
成長はほかの兄妹達と同じくらい。

3カ月位に我が家に残ったココより異常に毛量が多くなってきた。
確かにシェルにはキツネ期があるのに、ルゥには無かった。
これ3ヵ月位の時のルゥです。PIC_0010_convert_20081204181111.jpg
見事に成犬に迫る毛量でしょ?
これで成長がストップ・・・体高28㎝・体重4Kg。


Aさんの所に行ったからには、お産犬にされてしまう。
でも・・・約束だったから仕方がない。
初めてのヒートで交配されました。
そして・・・出産。  と言ってもこれが一大事。
我が家で産む事になって里帰り・・・(近所だけど)・・・。
陣痛が始まってAさんを呼び、いよいよ出産かと思ったら、どんなに頑張っても出て来ない。
「体が小さいから無理じゃない?」
「うち・・・お金が無いから行けないよ~っ」
「そんな事言ってる場合じゃないでしょう。俺が払うから病院行くぞ!」
病院に着いて先生に診てもらったら、「帝王切開だ」と早速手術・・・。
おまけに・・・手術を手伝わされ具合が悪くなった。
女の子2産まれました。(この子がリンです。)

DSC00117_convert_20081204183453.jpg
写真には1匹しか写ってないけど、本当は2匹・・・。
実はルゥの出産1ヵ月半前、妻の妹が突然他界しました。(40代の若さで)
1匹はリンと決定。もう1匹は妹の名前を使って優月(ユズ)と命名。
面倒見が良すぎるコタロウ君、「俺もオッパイやる」といつも子犬にどこか吸わせて満足顔・・・。
生後3日くらいに優月が異常に元気が無い。
お腹を見ると黒くなってた。
きっとコタロウが面倒を見るのに踏んでしまったみたいだ!

でも・・・コタロウに罪は無い。
翌日優月は虹の橋へ・・・。
初めて子供を死なせてしまった・・・。

「体が小さいから子供が沢山入らない。毎度帝王切開だったらお金が掛るから返す。」と、Aさん。
何かよく分からない人だ。 商売にしてる人は、こうなのかね~っ。

051205_1807~001_convert_20081204185655
こうしてルゥは我が家に帰って来ました。
ドッグショー会場でも、人だかりが出来るほどの人気者。
可愛い~っ・小さい~っ 自慢の極小チビチビシェルティ。
体高28cm・体重4kgは今も変わりません。DVC00046_convert_20081204190319.jpg

ドッグショーに出る時は、いつも連れて行っているので見に来てくださいネ!
P1000077_convert_20081204190647.jpg





category: シェルティ

Posted on 2008/12/04 Thu. 19:12  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 チッチの巻 覚醒 

今までチッチは1人になった事がない。
初めて我が家に来た時にはコタロウが居た。
いつも喧嘩を仕掛けていたけど、きっと甘えていたんだね!
nakayosijpg.jpg
子供・孫・曾孫と少しずつ増えていったから、突然1人になって寂しがってるだろうな?

2日後病院に電話をしてみた。
「まだ・・・何とも言えないよ」との返事。
確かにすぐに治るわけないか・・・
入院が長引くほど「寂しくないかな~っ」・「ご飯・きちんと食べてるかな~っ」
付き添いでコタロウを置いて来たらよかった。まで考えちゃいました。

入院3週間が過ぎ電話をした。
「先生・・・どうですか」?
「この子・・・目が見えてないヨ・・・これ以上は無理かな・・・連れて帰る?」
「・・・・はい・・・すぐ迎えに行きます」

ゴメンネ・・・チッチ・・・こんな事になって。
目が見えなくても、元気に回復してくれたら・・・。
病院に着いたら先生が奥からチッチを床に置いて自分の力で歩かせて来た。
フラフラ元気もなく下を向いて、あちこちぶつかって歩くチッチ・・・。
思わず「チッチ・・・おいで~っ」と呼ぶと、尻尾を振りながら寄って来た。
この時お迎えはコタロウも一緒でした。
帰りの道中ずぅ~とコタロウはチッチの傍を離れません。

家に帰って歩かせてみた。
あれ???ドアを避けて歩いている・・・。
「ひょっとして見えてる」?
すぐに、また電話・・・「目が見えてるなら治るかもしれない・すぐに連れておいで」
次の日また帯広へ・・・チッチの為だ・・・何回でも往復してやる。

それから2週間後退院しました。
DSC00098_convert_20081203135950.jpg
チッチ6歳
益々パワーアップしてコタロウをいじめてます。

category: シェルティ

Posted on 2008/12/03 Wed. 14:05  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 チッチの巻 最終章 

初めての出産・・・チッチにとって何が何だか分からなかったと思う。
母乳を飲みに子供達が寄ってくると威嚇し始めた・・・
しかたがないチッチの頭を押さえて子供たちに飲ませる。
毎日2時間おきに・・・3週間・・・寝不足だった。縺翫▲縺ア縺・?√♀縺」縺ア縺Юconvert_20081202130121

子供たちを舐めようともしないチッチ。
あかちゃんのときは自分で排泄出来ないから、1人・1人排泄してあげる。
コタロウは初めて見る物体に興味津々・・・顔に近づけるとペロペロ舐めてました。
ウン・ウン・コタロウ君偉いね~っ!

そうしてAさんに言われるままヒートが来るたび交配です。
Aさん・・・子犬が産まれるたびに「?万円出た」という考え方。
なんか・・・考え方が違う・・・うちは商売じゃないのに。
少しずつ心が離れていった気もする。
チッチの3回目くらいの出産の時自分だけで取り上げてみた。
今まで見ていた事を思い出しながら・・・

何事も経験だね!
今では大分自信が持てるようになりました。

そして・・・2007年の悪夢・・・。
チッチとリンが同時にヒート・・・同時に交配した。
2か月が過ぎそろそろだな~っ・・・チッチのお腹が大きくない・・・空かな?
リンだけが出産・・・チッチは空でした。

しかしベテラン母さんになったチッチはリンの子供(エディ・マーフィ)を自分の子と勘違い。
リンのおっぱい飲んでる子供達にしつこく付きまとう。
DVC00030.jpg

呆れた事に自分のオッパイを吸わせるチッチ。
DVC00031_convert_20081202133242.jpg
そのうちチッチから母乳が出てきた。
リンの母乳の出が悪かったので「2人で育てな」と・・・チッチの餌をカロリーの高いものに変えた・・・これが悪かった。
ある日妻が「チッチは死ぬ時こうして死ぬのかな?」とつぶやいた。
確かに元気がない。 呼んでも来ない。 いつもうるさいのに全然吠えない。

うずくまってるチッチの顔を見たら・・・顔半分死体の顔。
「大変だ~っすぐ病院に連れて行かなきゃ!」
いつもお世話になっていた帯広の草森先生にすぐ電話をして車を走らせる。

車で3時間半くらい・・・「チッチ死ぬなよ・・・」話しかけながら車を飛ばした。
先生・・・すぐに血液検査をして暗い顔・・・「うん~っ入院だな」。

「なんとか助けてあげて下さい」。
そうお願いして帰って来ました。

話が長くなって頭の整理がつかなくなってきた。
最終章だったけど、続きは後日。




category: シェルティ

Posted on 2008/12/02 Tue. 14:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

11シェル物語 チッチの巻 出産編 

予定どおり出産編です。
2003年10月13日・・・妻はチッチの傍で付き添って寝てました。
夜中寝ていると「チッチが変だ」と私を起こしに来た。
小さな声で「う~っ・う~っ」と唸りながらウロウロ。
陣痛だ~っ間違いない・・・すぐにオリーブさんに電話を入れる。

何たって初めての経験だから、私は右往左往・・・
チッチはサークル越しに妻にしがみついてる。
家が近所だったのでオリーブさん(これからAさんと書きます)がすぐ来てくれた。
たまたまその日チッチを繁殖したブリーダーさんが紋別に遊びに来てて「チッチの出産なら私も手伝う」と一緒に来ました。
さすがAさん・・・慣れた手つきで子犬を引っ張り出そうとしたが、初産もあってなかなか出てこない。
痛がるチッチ・・・ガンバレ・ガンバレと叫びながらこっちも力が入る。
足が見える・・・もう一息・・・それ・・・
長女ララ
出た~っ  
どっち? 女の子! すぐに体重を計る。
250g 「初産で250はキツイ 出て来ない筈だ」とAさん。
最初の出産から1時間半次の出産・・・
また、出て来ない
人間4人一緒に力んで
出た・・・どっち? 男の子!
髟キ逕キ繧「繝ゥ繧キ_convert_20081201174539
体重300g・・・デカッ
続いて30分間隔で次々出産。
少しは楽になったのか自分で産みやすい格好になって産んでました。
男の子2・女の子3  初めての出産無事終了・・・感動しました。

この出産で我が家の人生に大きな変化・・・そして・・・大変な事に・・・

そりじゃ また 次回・・・。

category: シェルティ

Posted on 2008/12/01 Mon. 17:57  edit  |  tb: 0   cm: 8